トップページイメージ: 地域の皆様が生きがいをもって安心して暮すことができる地域社会の実現を

福島県共同募金会二本松市共同募金委員会

共同募金(赤い羽根共同募金、歳末たすけあい募金)

赤い羽根募金

共同募金は、1947年(昭和22年)に全国的な「たすけあい運動」として始まり、1951年(昭和26年)に社会福祉事業法(現:社会福祉法)において法制化されたものです。

例年10月1日から12月31日までの3ヵ月間、厚生労働大臣の告示を受けて都道府県を単位として募金運動が展開され、集められた募金は、住民の理解と協力を得ながら地域福祉活動を推進するための財源となります。

また、災害救助法が適用となる災害が発生した場合は、義援金の募集が期間を定めて行われます。

組織的には、全国組織として中央共同募金会、都道府県ごとに共同募金会が設置され、市区町村には委員会が組織されています。

二本松市においては、福島県共同募金会二本松市共同募金委員会(事務局:二本松市社会福祉協議会)を組織し、配分計画に基づいた募金運動を展開しています。

募金運動期間

・赤い羽根共同募金
10月1日~12月31日(厚生労働大臣告示の定める期間)
・歳末たすけあい募金
12月1日~12月31日
この他の期間においても受付しております。

◆共同募金の使い道がわかります
 共同募金会では、共同募金に関する様々な情報や、皆様からお寄せいただいた寄付金が地域でどのように役立てられているかをホームページ上で公表しています。詳しくは『中央共同募金会ホームページ』または『福島県共同募金会ホームページ』をご覧ください。

共同募金のしくみについて

共同募金の意味や組織及び二本松市における共同募金運動の流れについて掲載します。

「共同募金のしくみ」

平成29年度赤い羽根共同募金実績の報告について

平成29年度の赤い羽根共同募金運動(期間:平成29年10月1日~平成30年3月31日)は、市民の皆様の温かいご支援とご協力により下記の実績となりました。ご協力いただきありがとうございました。

皆さまからお寄せいただいた募金は翌年度の福島県内の福祉施設整備や事業等、二本松市内の福祉のためにさまざまな場面で活用されます。

募金総額  15,176,163

(内訳)

  • 赤い羽根共同募金    10,380,073円
  • 地域歳末たすけあい募金    4,796,090円
(1)一般募金(赤い羽根共同募金)内訳 (単位:円)
募金種別 二本松 安達 岩代 東和
(1)戸別募金 3,825,600 2,219,900 1,352,400 1,166,900 8,564,800
(2)法人募金 0 177,000 160,000 283,403 620,403
(3)街頭募金 138,140 74,683 51,928 34,531 299,282
(4)学校募金 0 21,830 32,312 17,500 71,642
(5)職域募金 169,294 5,461 13,140 43,001 230,896
(6)イベント募金 11,457 0 0 0 11,457
(7)その他の募金 360,056 56,006 160,224 5,307 581,593
(1)-(7)の合計 4,504,547 2,554,880 1,770,004 1,550,642 10,380,073

(2)地域たすけあい募金内訳 (単位:円)
募金種別 二本松 安達 岩代 東和
(1)戸別募金 135,500 966,600 579,600 500,100 2,181,800
(2)法人募金 90,000 210,000 0 0 300,000
(3)街頭募金 0 0 0 0 0
(4)学校募金 229,784 0 0 0 229,784
(5)職域募金 635,308 4,674 9,619 0 649,601
(6)イベント募金 0 0 0 0 0
(7)その他の募金 1,234,270 104,089 69,218 27,328 1,434,905
(1)-(7)の合計 2,324,862 1,285,363 685,437 527,428 4,796,090