トップページイメージ: 地域の皆様が生きがいをもって安心して暮すことができる地域社会の実現を

各種相談

各種資金貸付のご案内

生活福祉資金貸付事業

1.生活福祉資金貸付制度とは...

この貸付制度は厚生労働省の要綱に基づき、他の貸付制度(母子・寡婦福祉資金、日本学生支援機構、日本政策金融公庫、その他金融機関等)が利用できない低所得世帯、障がい者世帯または高齢者世帯に対し、資金の貸付と必要な相談・支援を行うことにより、経済的自立と生活意欲の助長促進並びに在宅福祉及び社会参加の促進を図り、安定した生活を目指すことを目的としています。福島県社会福祉協議会が実施しており、市町村社会福祉協議会が窓口となって運営されています。

2.貸付資金の種類
i.総合支援資金
失業者等日常生活全般に困難を抱えており、生活の立て直しのために継続的な相談支援(就労支援、家計指導等)と生活費及び一時的な資金を必要とし、貸付を行うことにより自立が見込まれる世帯に対し貸付ける資金。
ii.福祉資金
低所得世帯、障害者世帯又は高齢者世帯(日常生活上療養又は介護を要する世帯に限る。)に対し、貸付ける資金。
iii.教育支援資金
低所得世帯に対し、「就学に必要な経費」又は「入学に際し必要な経費」を貸付ける資金。
ix.不動産担保型生活資金
低所得の高齢者世帯に対し、不動産を担保として貸付ける資金。
3.貸付対象となる世帯
i.低所得世
市町県民税が非課税程度又は1ヶ月の収入が生活保護法に基づく生活扶助基準の1.7倍以下
ii.障害者世帯
身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方がいる世帯又は1ヶ月の収入が生活保護法に基づく生活扶助基準の2倍以下。
iii.高齢者世帯
65歳以上の高齢者の属する世帯で1ヶ月の収入が生活保護法に基づく生活扶助基準の2倍以下。

※資金種類別により貸付世帯が異なりますので詳しくは、お問い合わせ下さい。

4.連帯保証人
  • i.原則として、福島県内に居住する連帯保証人を1名たてていただきます。ただし、連帯保証人をたてない場合でも貸付を受けることができます。
  • ii.不動産担保型生活資金は連帯保証人が必要です。

pdfダウンロード

■生活福祉資金貸付のご案内(77KB)

■総合支援資金のごあんない(219KB)

■臨時特例つなぎ資金貸付のごあんない(70KB)

アドビリーダーのダウンロードはこちらから

PDFを見るためには「ADOBE(R)READER(R)」が必要です。お使いのPCにインストールされていない場合は左のバナーをクリックするとダウンロードサイトを確認できます。

生活援助資金貸付事業

1.生活援助資金貸付制度とは...

二本松市に居住する低所得世帯を対象として必要な資金の貸付を行い、その世帯の生活の維持と安定を図る目的で、二本松市社会福祉協議会実施している資金貸付事業です。

2.貸付限度額及び貸付期間等
貸付限度額
70,000円以内
貸付期間
1年以内
償還方法
一時払い又は分割払い
3.利子及び保証人

貸付金は無利子。ただし、二本松市内に在住で保証能力がある連帯保証人1名を必要とする。

※条件によっては、連帯保証人が不要の場合がありますので、詳しくはお問い合わせ下さい。

4.貸付対象世帯

二本松市在住の低所得世帯

5.資金の使途

日常的に必要とする生活費など

他資金融資制度

母子・寡婦福祉資金
対象者
母子福祉資金
20歳未満の児童を扶養している配偶者のいない女性
20歳未満の父母のない児童
寡婦福祉資金
母子家庭で子どもが成人した母親など
申込方法
申込者の住んでいる県保健福祉事務所及び市福祉事務所、町村役場で受け付けを行っており、申込後は、県保健福祉事務所で書類審査を行い貸付決定をします(ただし、郡山市及びいわき市の居住者については、それぞれの市において審査を行い貸付決定をします。)
申し込みに必要な貸付申請書等の用紙は、県保健福祉事務所及び市福祉事務所、町村役場にあります。
資金の種類
母子・寡婦福祉貸金貸付金の種類はこちらです。

■福島県ホームページ:母子・寡婦福祉資金について

日本学生支援機構

■独立行政法人日本学生支援機構

pdfダウンロード

■日本学生支援機構パンフレット(399KB)

■奨学金ガイドブック(4.96MB)

アドビリーダーのダウンロードはこちらから

PDFを見るためには「ADOBE(R)READER(R)」が必要です。お使いのPCにインストールされていない場合は左のバナーをクリックするとダウンロードサイトを確認できます。